Blog

元住吉・武蔵小杉 美容院・ 美容室キャメルヘアーデザイン Camel hairdesign 子育て

子供の脳は肌にある

子育て

元住吉・武蔵小杉の美容室、キャメルヘアーデザインの溝田です。 昨年、初めての子供を授かりました。だからでしょうか、子供に対する虐待や命を奪う事件がとても目に付きます。 いたたまれない。 「昔と違って・・・」「近頃は・・・」とか、よく聞きます。 でも、果たしてどうなんでしょうか? 統計に出ている数字だけを過去と比べても、実情はわからない。 統計の取り方や時代背景が関係してくると思うから。 報道もそうかもしれないですよね。以前よりも、報道する機会が増えただけかもしれない。 私たち40代より上の世代は、10代、20代を「最近の若い人は・・・」と言いがちです。 でも、事件の加害者は若い世代ばかりではない。中高年でもいます。 そして、危害を加える対象は、ほとんど自分よりも力の弱い人。自分よりも強い人には向かっていかない。 心を育てる 動物の中でも、人間の赤ちゃんの発育はとても遅いですよね。 ということは、親が育児にかける時間とエネルギーが必要になってくる。 う〜ん、というか、赤ちゃんが必死に生きているというべきか。だから、接触をすごく求める。本能的に独りで生きていけないことがわかっているのでしょう。 私たち親にできることは、どれだけ愛情を子供に伝えるかだと思う。 「思いやりのある優しい子に育てたい」。 親であれば、子供の幸せを願って【心を育てたい】と思う。 でも、どれだけの親が子供の心を育てることを真剣に考え、自分自身の心と向き合っているだろうか。 子供と真剣に向き合っていれば、毎日の変化にも敏感になる。 だれしも聖人君主ではない。カッとすることも、イライラすることもある。 子育てだけではなく、夫婦や嫁姑などの家族関係。仕事など。 育てる側が、気持ちに余裕のないこともありますよね。 まだ話すことが出来ないからと言って、赤ちゃんをみくびってはいないでしょうか。 赤ちゃんは、五感の中でも皮膚感覚が敏感だと言われています。 だから、抱っこしたり、撫でてあげたり、たくさん触れてあげることが大切ですね。 ただ、愛情のないタッチには、きっと気持ち良くは反応していないでしょう。 じゃあ、どうやって心を育てていこう?   臨床発達心理士の山口創さんの著書に出会えて良かった。 単なる子育て論ではない、人間の本質を深く掘り下げた興味深い本。 自分の子供への愛情を再確認することができましたし、私や奥さんがどのように子育てをしていくのか、指南書になってくれるはず。 小さい子には知識教育ではなく、心を育てるために様々な体験を感じとることができる「体」を育むことが大切。 その「体」を育むための原点が、「肌」への接触であると著者は述べている。 母親とのスキンシップが多かった子供ほど、自分の存在価値を感じ、他人と親しくなることも容易になる。 つまり、大人になってからの社会性が高くなるということですね。 大人になってからうまく他人との交流できないのは、もしかしたら親や周囲の人たちがスキンシップをしっかりとっていなかったからかもしれない。 しつけと称して、子供に辛く当たっていないか。 実は、子育ては育てる側の「心」が問われているのではないかと思う。 仮に自分が親からの愛情に乏しかったとしても、負の連鎖に繋がらないように想像力が欲しい。 「忙しい」「余裕がない」というエクスキューズは、きっと子供を傷つけていく。 一見物分かりの良い子が、我慢をし続けているなんてこともよくある話しです。 大人の都合で、自分に都合の良いように子供を強引に枠に入れても、子供との心の距離は縮まらない。 子供の成長と共に、スキンシップの仕方、場面は変わっていくけど、子供に自分の愛情を伝え続けていきたい。 大人になってからでも、皮膚感覚を養っていくことは可能です。 日々の忙しさに皮膚感覚が麻痺しないように、自分を見つめる時間が必要かもしれません。 最後に、当時の公共広告機構《AC》の広告が紹介されていたので、ゆっくり読んでみて下さい(笑)。   「抱きしめる、という会話」 子供の頃に 抱きしめられた記憶は、 人のこころの、奥のほうの、大切な場所にずっと残っていく。 そうして、その記憶は、 優しさや思いやりの大切さを教えてくれたり、 ひとりぼっちじゃないんだって思わせてくれたり、 そこから先は行っちゃいけないよって止めてくれたり、 死んじゃいたいくらい切ないときに支えてくれたりする。 子供をもっと抱きしめてあげてください。 ちっちゃなこころは、いつも手をのばしています。     求人や質問、その他の問い合わせはお気軽に!! ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

つづきを読む
元住吉・武蔵小杉 美容院・ 美容室キャメルヘアーデザイン Camel hairdesign 子育て 働くママ

幸せホルモンーオキシトシン

子育て

元住吉・武蔵小杉の美容室、キャメルヘアーデザインの溝田です。 幼少期の記憶って、いつから残っているんだろう。 私の記憶は、おそらく3歳。 おぼろげではあるけど、鹿児島に住んでいた頃の遠い記憶。 一番下の弟は、まだ生まれていない。姉とすぐ下の弟とは年子。父の仕事の関係で、地方を転勤して回っていた。 きっと、母は大変だったことだろう。 母は専業主婦だったから、あんまり寂しい思いはしたことがないなぁ。 1970年代。今とは何もかもが違う。当然のことですが。 セピア色の写真とか残ってるし(笑)。 地方だったから、近所の家族とみんなで育った感じですね。 特別贅沢はしていないけど、それなりに恵まれていたと思う。両親のお陰で。 自分が親になって、子供の幸せって何だろうと考える。 「子供は勝手に育つ」と言う人がいる。 そうだろうか? まぁ、育ちはするだろうけど、何も手を掛けずに愛情が中途半端で、まともな人間になれるかな? ベタベタするということではなくて、やっぱり一緒に過ごす内容というか、向き合い方がとても大切な感じがします。 子供がどのように育つかは、親の関わり方によると思う。 最近の若い子やゆとり世代はダメ、という話しをよく聞きます。 でも、いつの時代も親と子供の関係性が、その後の社会性に大きく影響を及ぼすように思うんですよね。 まぁ、中年男性の方がよっほどダメな人が多いですけど。 《この親にしてこの子あり》。 だからこそ、自分を省みて考えるんです。そして、自分も成長していかなくちゃいけないと。 子育て 『幸せ』って、よりパーソナルなものだから、学歴や社会的地位が高いとうことが必ずしも人の幸福感に直結はしない。 もちろん、自尊心にはつながるとは思うけど。 物質的な豊かさ。う〜ん、幸福感を感じるひとつの要素にはなりますよね。 金銭的に裕福で、ある程度の商品を購入できたり、海外旅行したり。 子供の教育にも投資できます。 金銭にゆとりがあることで、気持ちにもゆとりが持てることもあると思うんですよね。 お金がないと荒むから。 ただ、年齢に関わらず素敵な人は、金銭にゆとりがあるかどうかではなく、教養があって品があって優しくて。周囲の人から大切にされています。 目に見える物質面ばかりでは、決してない。 全てではないにしても、子供のパーソナリティを構成するのは、親の関わり方がかなりのウエイトを占めている気がするんです。 この仕事をしていると、親子でいらっしゃっているお客様も多いので、親子関係を垣間見ることが結構あります。 あくまで私見ですけどね。良い子の親もまた素敵な方ですね、だいたい。 言葉遣いの悪い子の親は、同じように言葉遣いが悪い。 幸せホルモン 臨床発達心理士で「子供の脳は肌にある」などの著者、山口創(はじめ)さん。 「皮膚感覚の発達が、脳の発達につながる」とおっしゃっています。 五感が未発達の赤ちゃんは、五感の中で最も早く発達する【触感=皮膚感覚】を育てることが、脳や心の発達を促す。 撫でてあげたり、抱っこしたり、いろんなものを触らせる。 赤ちゃんは、スキンシップをしっかり取ってあげると安心しますよね。 撫でることで分泌される《オキシトシン》という物質。その効果は多岐にわたっていますが、健康な心と身体を作るために役立つホルモンです。 特に、愛情が深まる作用が注目されていて、「幸せホルモン」と呼ばれています。 幼少期に、両親をはじめ周囲の人から愛情を持ってたくさん触れられた子供は、将来にわたって情緒が安定し、攻撃性が低減し、社交性が高まるという研究結果も出ている。 赤ちゃんは、泣いたり怒ったりすねたり、大人が思うように物分りが良い時ばかりではありません。 でも、なるべく、抱っこしてあげたり、撫でてあげたりしてなだめてたい。 その繰り返しが赤ちゃんの安心感につながり、感受性の豊かな子に育ってくれると思います。 そして、スキンシップは赤ちゃんだけではなく、赤ちゃんを抱っこした人にもオキシトシンは分泌されるんですって。 娘をを抱っこするとすごく癒されるけど、そういう理由だったんですね。 親の自分にとっても、精神的に安心感をもらっていたわけなんだ。 3歳以下の子供に、記憶はあまりないかもしれない。 でも、愛情を持って育てられた子供は、きっと人に優しい大人に成長するはずだ。 少なくとも、自分よりも年長の大人にキレて殴ったりしないでしょうね。 見苦しい大人にはなりたくないから、子育てと共に成長していきたい。   求人や質問、その他の問い合わせはお気軽に!! ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

つづきを読む
元住吉・武蔵小杉 美容院・ 美容室キャメルヘアーデザイン Camel hairdesign

ボランティアで、東京オリンピックを目指す!!

溝田

元住吉・武蔵小杉の美容室、キャメルヘアーデザインの溝田です。 英会話を勉強しはじめてから、お客様との話題に上がるようになりました。 英語がペラペラの方が結構いて、びっくりします。 先日いらっしゃったお客様は、旦那様がアイルランドに1年留学するので、一緒に渡英するということでした。 その方が英会話を学んだエピソードが素敵だったので、ご紹介します。   幼い頃から人見知りで、学生時代は教室の隅の方で、一人読書をしているような女の子だったそうです。 高校時代の英語の先生が変わった方で、授業中にビートルズをギターで弾いていたんですって。 大学受験をする学生たちは受験勉強をしていたそうですが、彼女は受験をする気もなく、その先生に好意を持っていたので熱心に曲に耳を傾けていた。 次第にビートルズが好きになり、歌詞を反芻しているうちに意味を知りたくなった。 当時は高校生だったので、たくさんのCDを購入することは出来ず、自力で訳をつけて曲の内容を知りその世界に魅了されて。 そんなことをしているうちに、英語のフレーズを覚え、英語を理解するようになっていった。 とってもいいエピソードですよね。 その後、彼女の実家は箱根に近いので、外国人向けの英会話のボランティアを始めます。 実際に外国人と話していくうちに、物怖じをしなくなり、流暢に英語が話せるようになっていったそうです。 そして、今は英会話を活かした仕事に就ている。 英語と日本語では、その言語の成り立ちは全く違う 単語ひとつひとつの成り立ちや文型などを見ると、バックグラウンドの違いに気付きます。 文化の違いと言えば簡単ですが、思考そのものにも大きく影響をしていると考えられる。 紹介したお客様が、英語を話している時は「人格が変わる」と周囲に言われると、おっしゃっていた。 もちろん、大袈裟な表現ではあるけど、よく聞く話です。 一つは、コミュニティ(日本人)とは違う人種のと人と話すので、気持ちが解放されるから。 そして、もう一つの理由は、日本語と英語の表現の違い。英語の方がよりストレートな表現であるのは明らかです。 母国語以外の言語を話せるからいって、身の丈が高くなるわでなはい。 でも、表現の幅は広がるし、発想にプラスαがあるかもしれない。 せっかく、2020年に東京でオリンピックがあるので、自分が関わることができたらいいなぁ。 世界各国から人が集まるので、英会話は役に立つはず。 東京からそんなに遠くないしね、観光地にも外国人が集まるでしょう。 来年の夏から、東京オリンピックのボランティアが募集されるらしいので、 1年後を目標に、英会話ができるように頑張っていきます!!   求人や質問、その他の問い合わせはお気軽に!! ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

つづきを読む
元住吉・武蔵小杉 美容院・ 美容室キャメルヘアーデザイン Camel hairdesign ママさん交流会 リトミック 子育て支援

曲に合わせて踊り出す

交流会

元住吉・武蔵小杉の美容室、キャメルヘアーデザインの溝田です。 先日の火曜日、恒例のママさん交流会を開催しました!! 今回のプログラムは、【リトミック】でした。 実は、私はリトミックのことをよく知りませんでした。 昨年から始めたキャメルのママさん交流会ですが、今年度のプログラムは昨年中にある程度の内容を決めていました。 内容を検討している段階で、工作系ばかりではなく、身体を親子で動かしたり、記念に残る物(写真や手形など)、ママさんのための美容など、多岐にわたって考えに考えて。 講師に関しては、キャメルのお客様であったり、また紹介で広げてたり。いろんな方に協力してもらいましたね。ありがとうございます!! とても人に恵まれています。 そのときに、せっかく地域の親子に来てもらってるので、なるべく地元または近隣の地域で活躍されている方を選任しようと思ったんですね。 それで、以前私はアメブロで個人ブログを書いていて、地元の方と交流しようと思ってアプローチしたのが、リトミックの教室を運営されている、田島かずみさん(ファミーユミュージックStudio)だったんです。 すいません、そのときはリトミックは知りませんでした。なんか、面白そうだとは思っていましたが。 ファミーユミュージックStudio   田島さんのフェイスブックの画像を見ていると、お子様とママたちがとても楽しそうでした(笑)。 是非に!!とお願いしたわけです。 あ〜、すごい楽しかった!! 参加者の親子の笑顔がとても良くて、嬉しくなりました。 何回も交流会に参加してくれている親子。あまり表情が変わらない子供で、ちょっと心配していました。 その子がケラケラ笑っている姿が、すごく印象的だったんですよねー 音楽って、いいなぁ。身体を動かすって、いいなぁ。 子供たちの姿を見て、感覚の大切さを実感しました。 リトミックって? もともとは、スイスの音楽教育家の先生が、音大生のために考案した教育法なんだそうです。 だから、音大出身の方は少なからず、リトミックを習ったことがあるそうです。 昨日いらっしゃったお客様が、ピアノの先生をしていた方でした。 リトミックの話しをしたら、私が知らないなかったことが不思議そうでした(笑)。 音楽を勉強してきた人にとっては、とても一般的で重要なことなのでしょう。 字が書けるようになるまでには、聞く、話す、読む、そして書くという段階があるように、 楽器演奏の前に、音をよく聴き、身体で感じ、歌い、動き、そして理解することが大変有効であること。 もし私に子供が生まれていなかったら、リトミックの存在を知らないままになっていただろうね。 子供が、音楽に合わせて身体を動かす。 なんとも微笑ましい。   朝の連ドラ『ひよっこ』。主題歌は、桑田佳祐さんが歌う「若い広場」。 娘は、朝食を私の膝の上で食べています。 この曲がかかると、膝から降りてテレビの前で踊り出す(笑) 音楽に合わせて身体を動かすことって、きっと人間の本能だ。   求人や質問、その他の問い合わせはお気軽に!! ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

つづきを読む
元住吉・武蔵小杉 美容院・ 美容室キャメルヘアーデザイン Camel hairdesign 休日

家族と休日

プライベート

元住吉・武蔵小杉の美容室、キャメルヘアーデザインの溝田です。 昨年の途中から、定休日を毎週火曜日と第1、3月曜日にさせてもらっています。 火曜日は、美容業界のセミナーに参加することが多いので、月曜日は家族と過ごすことにしています。 月2回の月曜日の定休日は、全く仕事のことを考えません。 奥さんと娘とお出掛けしたり、同居している私の両親とゆっくり夕食を食べたり。 日頃はなかなか感じることができないことも、ゆっくり過ごしてる中でいろんな一面を垣間見たりします。 娘は1歳3ヶ月になりますが、とても変化が著しい。 大袈裟ではなくて、一日一日成長している姿がわかります。 今日は、八景島シーパラダイスに行きました。 やっぱり、イルカには癒されるなぁ。 水族館は昔から好きで、その中でもとりわけイルカがお気に入り。 小笠原では、野生のイルカと泳いだことがあるんですよね。   一眼レフの腕はまだまだですが、ゆったり泳いでいるので撮影しやすい。 イルカのショウも観ましたけど、頭がいいんでしょうねぇ。娘より知能は上だわ(笑)。 最近、奥さんが娘の洋服をハンドメイドしています。 なんか、ハマってるみたね。めずらしく熱中してるわ。 やっぱりね、好きなことが続くんだよね。インスタでも定期的に更新して、少しづつ共感されています。 奥さんのインスタ 娘と過ごしている時間がとても幸せです。 どんな娘になるんでしょうか。 きっと、奥さんに似てお調子者でしょう(笑)。   求人や質問、その他の問い合わせはお気軽に!! ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

つづきを読む
元住吉・武蔵小杉 美容院・ 美容室キャメルヘアーデザイン Camel hairdesign エイジング スキャルプケア 

美容師の説明責任

講習・セミナー

元住吉・武蔵小杉の美容室、キャメルヘアーデザインの溝田です。 先日の火曜日、都内で開催されたセミナーに参加してきました。 シャンプーソムリエとしても活躍されている、関川忍さんが主催。 美容アカデミーSSA主宰の有本さんによる【エイジング理論】と、新商品のプレゼンテーションでした。   SSA(SACRO SCIENTIFIC ACADEMY)には、東京の第1期に参加させて頂いていました。独立したばかりの頃です。 今でもまだまだですが、当時はケミカルに対する知識が希薄で、お客様の髪や頭皮をダメージさせてしまうこともありました。  SSAでは、《デザインのためのケミカル》を徹底して教えています。 それまで体系的に勉強してこなかったので、自分の無知を恥じるばかりでした。 また、ヘアスタイルを作る上で大切なケミカル知識と施術ですが、デザインが疎かだと意味がありません。 デザインをするためには、技術が必要です。 今になって、より一層SSAの理念を噛み締めています。 デザインする力がなければ、知識は活きてこない。 私自身、一番痛感していることかもしれません。デザインをする力がまだまだ足りていない。 技術に関しては、日々の鍛錬しかありませんよね。   そして、久しぶりに有本さんのお話しを聞くことができました。 正直、全てが理解できたわけではありません。 でも、自分が取り組んでいくべき課題だと思っていましたので、とても気持ちが熱くなりました。 以前書いたブログです → 美容師の良心は、白髪染めにこそ現れる 国内の平均年齢は、約45歳です。まさに私の年齢。 団塊ジュニア世代が、平均年齢になっている。とても人口の多い世代ですよね。 担当しているお客様の中でも、当然のように多くなります。 40代に入ると、髪は白髪が増え始め、ボリュームもなくなってくる。うねりも出てまとまりが悪くなってきます。 肌は、シミやしわが気になり始め、くすみ、たるみも出てくる。 すいません、ネガティブな言葉ばかりになってしまった。 抗酸化力の低下 老化するとは、具体的にどういうことなんでしょうか? 《身体が酸化していくことです》。 酸素の中でも特に酸化力の高い「活性酸素」が必要以上に増えると、細胞から酸化して老化、病気の原因になります。 活性酸素から身を守るために、人間の身体は抗酸化の働きがあります。 しかし、年齢を重ねていくと抗酸化力は衰えていく。特に40歳前後から低下すると言われている。 もちろん、個人差があります。 紫外線を不用意に浴びていれば、活性酸素は増えてしまいます。電磁波や大気汚染などの環境因子の影響もそう。 そして、生活習慣の乱れでしょう。 睡眠不足や喫煙。特に注意が必要なのが、ストレス。 こうやって生きているだけで、常に活性酸素のリスクはあるわけです。 全てを排除することはできないし、あまり神経質になり過ぎても逆にストレスになったりして(笑)。 神経質になっている方ほど、ちょっと健康ではない気がしますが。 今回のセミナーを受けて、お客様に対して一番に配慮しなくてはいけないことが分かりました。 グレイカラーです。 ヘアカラー(以前はヘアダイと言われてた)は、実は活性酸素を発生させます。 そして、この活性酸素が幹細胞を攻撃してしまいます。 毛包幹細胞がダメージすれば、薄毛や毛髪の弾力、ボリュームの低下。 色素幹細胞がダメージすれば、白髪の原因になります。 ちょっと皮肉な結果です。 白髪をカバーするためのカラー剤が、老化を促進しているかもしれないということ。 以前とは比べものにならないぐらい、薬剤は進化している。 とは言っても、やはりダメージはあります。 カラー剤を塗布する前の保護と、カラーのシャンプー後の残留物の除去、アフターケア。 頭皮(皮膚)、毛髪に対する知識をしっかり持って、お客様のニーズに合わせて薬剤を選択する。 メリット、デメリットを含めて、お客様に説明をして、了解して頂く。 お客様にも日頃のケアをしてもらって、ダメージを最小限にして、私たちと一緒により良い状態にしていければいい。 科学の進歩と共に、素晴らしい知識と知恵と熱意を持った先輩の開発した新商品。 しっかり説明責任を果たして、前に進みたい。   求人や質問、その他の問い合わせはお気軽に!! ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

つづきを読む
元住吉・武蔵小杉 美容院・ 美容室キャメルヘアーデザイン Camel hairdesign 健康 朝活 ランニング 英会話

朝活 ーランニングに英会話ー

溝田

元住吉・武蔵小杉の美容室、キャメルヘアーデザインの溝田です。 最近の朝の日課は、ランニングです。 6時前に起床して、1時間ほど走っています。朝の空気はとても気持ちいい!! 以前は、営業後にジムに行っていたのですが、どうしても寝るのが遅くなってしまうので 週1回は営業後にホットヨガに行きますが、毎朝走ることにしました。   今の季節はとても暖かいので早起きもしやすい。冬はきっと寒いことでしょう。 ジムで走るのと屋外では、当たり前ですが心境が全く違います。 天気や空気が毎日違いますし、風景も変わります。 通勤とサロンワークの運動量では、運動不足だし身体の動きは限定されています。 下半身の筋力量は、身体全体の約70%と言われています。 下半身の筋力を鍛えておくことによって、上半身に頼らない身体を作ることができる。 そして、身体のバランスや柔軟性。 出勤前と帰宅して入浴後、柔軟体操(ピラティス、ヨガの要素を入れて)をします。 年齢を重ねるごとに、身体は硬くなっていく。血流は悪くなりやすいし、筋肉も衰える。 日中の仕事の質を上げるためには、大切なメンテナンスですね。 必要な栄養を摂り、身体や神経を休ませる睡眠。そして、呼吸。 身体を動かすことは、生活習慣の質をもう一段上げてくれるイメージでしょうか。 栄養のより良い消化、吸収。深い眠り。 朝の目覚めや腸内環境が良くなったことから、状態が上向きであることを実感しています。 また、脳も適度な運動で活性化されることが分かってきています。 最近、記憶力が低下している感じがしているので、効果が出てくれればいいなぁ。 せっかく早起きしているので、走るだけではなく英会話も勉強しよう。 お客様に頂いた教材(CD)をダウンロードして、走りながらイヤホンで聞きながらブツブツ英語をつぶやいています(笑) 多少、声に出す方がフレーズが頭に入ってくる感じがしますね。 時間って、自分で作ろうと思えば作れるもの ついつい「忙しい」とか言って、目先のこと以外、手を付けずに時間が過ぎて行きがちですよね。 でも、目標を決めて時間を作って実行すると、それが10分、15分だとしても大切にします。 通勤時間は勉強するにはうってつけだし、仕事の合間だって多少の時間はあります。 「今後どうしたいか」とうことが明確にあれば、時間は無駄にはしない。 美容室を経営して、サロンワークをしていれば、いくつものタスクを同時に並行していくのは当たり前で、 他のどんな仕事でもそうでしょう? 一つのことしか考えることができないと、時間がどれだけあっても足りない。 それに、同時進行で切り替えながら実行していくことで、うまく相互作用をすることがよくあるんですよね。 ただ、一つ一つが中途半端にならないように、根気と熱意を絶やさぬように。 そして、家族も大切に。   求人や質問、その他の問い合わせはお気軽に!! ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

つづきを読む
元住吉・武蔵小杉 美容院・ 美容室キャメルヘアーデザイン Camel hairdesign 子育て支援

大切な人に何を遺せるか

講習・セミナー

元住吉・武蔵小杉の美容室、キャメルヘアーデザインの溝田です。 一昨日の営業終了後、錦糸町まで満員の総武線で行って来ました!! セミナーのお誘いを、同業者のARCHE(アルケー)の宮城さんから受けていたんですよね。 宮城さんはとってもエネルギッシュなオーナーさんで、いつも刺激を頂いています。 今回のテーマは、『個人ミッション発見セミナー』でした。 ARCHEのスタッフさんに混じって、3時間のセミナーはあっという間。 講師は、コンサルタントの岩本好之さん。 組織、個人向けに幅広く活躍されている、何とも魅力的な方。60歳らしい。とても見えない。   ミッションは「使命」という意味ですが、 【個人ミッション】とは・・・ 「自分はどうなりたいのか、どう生きたいのか、そして、自分の核となる価値観や原則は何なのかを、目に見える形に書き表したもの」 昨年移転してから、「どう生きたいのか」つまり「何を大切にしたいか」ということを常に考えてきました。 なので、講師の岩本さんが言わんとすることが、すんなり耳に入ってきました。 つまり、核の部分をしっかり認識すること。 そこに至るまでにワークを丁寧に講義してくれました。 これまでも考えてはきていたけど、明確に書き記してはいません。 岩本さんは、形式(文章、箇条書き、マインドマップなど)にこだわらずに作成することをポイントに挙げていました。 そして、その作成したミッションを生活に取り入れて、行動に落とし込むようにすること。 定期的にメンテナンスすること。 心に残った言葉 「いつまで生きるかなんて、わからない」と、岩本さんは言った。とても真剣に。 そう、年齢に関係なく、だれにもわからない。 だからこそ、すぐに実行に移さないといけない。 大切な人に、どう思われたいか、何を遺せるか。 そういうふうに考えると、より具体的に自分の目指す姿が浮かんできます。 最初から完璧な人はいません。 たくさんのトライアンドエラーが、少しずつ理想に近づく最善の方法だと思う。 そりゃ、格好悪いのはイヤだけど、もともとそんなに格好がいいわけではないから、開き直っていけそうだ(笑)。   芥川賞作家・伊集院静が親交のある、元プロ野球選手の松井秀喜について書いた『逆風に立つ 松井秀喜の美しい生き方』の中で忘れられない言葉があります。 松井の恩師である、星稜高校の当時の監督・山下さんが教え子たちに言い聞かせていた言葉。 心が変われば 行動が変わる 行動が変われば 習慣が変わる 習慣が変われば 人格が変わる 人格が変われば 運命が変わる 習慣を変えるためには、中途半端ではない強い気持ちが必要です。 その強い気持ちがミッションに現れ、強く持ち続けることによって将来が見えてくる。 セミナーを受けたり、本を読んで勉強をしても、実践をしないことには何も始まらない。 たくさんのヒントを頂いたので、《鉄は熱いうちに打て》ですね。   求人や質問、その他の問い合わせはお気軽に!! ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

つづきを読む
元住吉・武蔵小杉 美容院・ 美容室キャメルヘアーデザイン Camel hairdesign エイジンング アンチエイジング

心と身体のリラックス

講習・セミナー

元住吉・武蔵小杉の美容室、キャメルヘアーデザインの溝田です。 キャメル・ヘアーデザインのコンセプトは、【素敵に年齢を重ねましょう、一緒に】です。 年齢を重ねるということは、ある意味では老いていくということになります。 身体の機能は衰える。これは、抗えないことですよね。 見た目だって、多少衰えていくかもしれない。 よく使われる「アンチエイジング」という言葉。何となく嫌ですよね。年を取ることをネガティヴに表現しているようで。 日本語でもいいんだけど、私は【エイジング】という言葉を使います。 【年齢を重ねる】ということですが、できればポジティブに捉えたい。 若い人にはかなわない部分も当然あるけど、逆に得てきたところ、財産というのかな。あると思うんですよね。 私は、中途半端な40代ですが(笑)、年長のお客様と接していると感じるところがあります。 心が衰えるかというと、決してそうではありません。 だから、もっと心と身体のことを知って、より充実した生活を送ってもらいたいと思っています。 6月5日(月)に、お客様向けに東洋医学のセミナーを開催しました。 『東洋医学から学ぶ、日々に活かせるアプローチ』 日本全国、NYでもセミナーをしている、鈴木康玄(すずきやすはる)さんに講師を依頼しました。 《健康でキレイな髪は、健康な心と身体から作られる》という私自身の信条があって、東洋医学の考え方がとても理にかなっていると思うんですよね。 鈴木さんの話しはとてもわかりやすくて、お客様の皆さんがよく頷いている様子を目にしました。 当たり前のように言われることですが、健康のためには生活習慣がとても大切になってくる。 活動と休息のバランス。自律神経に繋がってきますよね。交感神経と副交感神経。 生きていく上で、とても重要な神経系統です。 日々の生活の中で、この神経のメリハリが健康を左右する。 健康な人は、見た目にも現れます。 顔の血色や姿勢が良い。表情も豊かで、使う言葉もポジティブで明るい。 年齢だけではないんじゃないかな。 そして、共通して言えることは、栄養のバランスが良くて、適度に運動していること。 特に身体を動かしている人は、呼吸が深くなるので心が落ち着く。 イライラも少なくなりますよ。 結構、身体を動かすことができていない人が多いですよね。 疲れていると余計に動きたくなくなるけど、筋力と柔軟性を身につけていくと、集中力が増してくるんです。 下半身は、身体を支えています。下半身のバランスが、上半身や心のリラックスを作ってくれる。 下半身を鍛えていないアスリートは、コンスタントに良い結果を出せないでしょう。 何せ、やる気もみなぎる(笑)。 そして何より、人に優しくできる気がするんですよね〜   求人や質問、その他の問い合わせはお気軽に!! ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

つづきを読む
元住吉・武蔵小杉 美容院・ 美容室キャメルヘアーデザイン Camel hairdesign ヘアカラー 白髪染め エイジング

美容師の良心は、白髪染めにこそ現れる

メニュー

元住吉・武蔵小杉の美容室、キャメルヘアーデザインの溝田です。 35歳前後から、白髪が増えてくると言われています。 私も例にもれず、今ではヒゲも白髪になる始末。 20代で白髪が増える人もいれば、70代でも少ない人もいる。 髪質と同じように、白髪の多い少ないは個人差がありますね。 白髪が増える理由は、いくつか考えられます。 遺伝 ストレス 食事・生活習慣 頭皮環境 加齢 人はみんな、何か目に見えたり実際に起こったりして、初めてその原因を考えたり憂いたりするものです。 病気の症状もそうでしょう。 特に若い時は(20代ぐらいまでか)、自分の健康にはあまり目が向かない。 年齢を重ねて40歳を過ぎてくると、身体の機能自体が落ちていきます。 もちろん、日頃のケア次第では肉体的に若く保つことはできると思いますが。 それは髪に関しても同様ですよね。 そして、白髪をどうするか? まず、染めるか染めないか。ごく少数ではありますが、白髪を染めなくても素敵な方はいます。 ただ、大多数の人はちょっと老けて見えるかもしれません。 白髪は、水分量がとても少ないのでパサつきます。 髪がパサついていると、お顔もくすんで見えてしまうんですよね。色もグレイですから余計にです。 見た目のことだけで言えば、白髪をカバーしたいですよね。 白髪染め 白髪を染める方法は、いくつかあります。 一時的にカバーするのであれば、カラースプレーやファンデーションなど。シャンプーで落ちるタイプのものですね。 薬剤で染める場合。 植物性の染料。ヘナが代表的です。キャメルでは、【和漢彩染】という染料を使用しています。小麦粉などの食品ベースの染料で、頭皮にも優しくしっかり染まります。 ただ、デメリットとして黒髪では明るく発色しません。全体をムラなく均一に明るく染める場合は、ライトニング剤で明るくしてから染める必要が出てきます。 マニキュアは、酸性の染料でイオン結合でキューティクルに付着します。酸性の薬剤なので、頭皮に付着するとなかなか取れません。ですので、頭皮に付けないようにギリギリから塗布していきます。 ツヤも出るしダメージも少ないのですが、シャンプーで落ちていきます。人によっては汗でも落ちますよね。顔の周りに白髪の多い方や、ある程度の期間(1ヶ月以上)はもたせたい方にはおすすめしにくいです。 白髪の全体に占める割合や、どこに白髪が多いか(顔の周り、分け目など)によっても染める頻度が変わってくるでしょう。 白髪のカバーで大半を占めるヘアカラー(以前はヘアダイとも言っていた)。 髪の内部で発色する、酸化染毛剤です。 1剤の酸化染料と2剤の過酸化水素が化学反応(酸化重合と言います)によって染まります。 キャメルではアルカリと酸性の両方の薬剤を採用していますが、根元の白髪を明るく均一に染める場合は、アルカリを使用します。 また、塩基性のカラー剤も使っています。いろいろ使い道はあるので重宝しています。もちろん、デメリットはあります。アルカリのヘアカラーと比べると、色落ちはしやすい。 で、色落ちはデメリットに感じやすいですが、仮に白髪を真っ黒に染めたとしましょう。 染料としてはたくさん入っていますので、数ヶ月は色落ちはしません。 色落ちをしないことが、プライオリティーの高い人にはいいでしょうね。 ただ、色落ちしないということは。染めた1ヶ月後、白髪と染めて黒い既染部はパックリ分かれます。つまりコントラストがはっきり出てしまう。 3週間ぐらいで頻繁に染める人にはいいかもしれませんが、逆に結構白髪が目立つ羽目になります。 だから、白髪染めをする場合は、 どのぐらいの割合で白髪があるのか、またどの箇所に多いのか どのぐらいの頻度で染めるのか 自分をどう見せたいか、逆に何がイヤで気になるか(デザインとして) で薬剤の種類や施術方法を考え、 そして、一番重要なこと。   4. ダメージ ダメージは、髪と頭皮、どちらもあります。 明るいヘアカラーよりも白髪染めは暗いから、何となくダメージが少ないと思っていませんか? 特に、ヘアカラーを地肌からべったり塗布した場合の頭皮のダメージ。 毎月、地肌からカラーを塗布した頭皮は疲弊していきます。 私は、美容師が一番配慮をしなければいけない施術だと思っています。 カラー剤の種類、施術方法によって頭皮のダメージ、髪の薄毛が違ってきます。長年お客様をを担当しているからこそ、わかる事実です。 もちろん、加齢による衰えや紫外線などの影響、間違ったヘアケア。生活習慣によって髪質や頭皮の状態は変わります。 ただ、美容室でも少なからずダメージしていることがあることも、美容師が認識しておかなくてはいけません。 技術はもちろんのこと、薬剤についての知識、施術方法。髪や肌、身体の仕組みについての専門知識。 お客様のことを考えるからこそ、必要なことだと思う。 皮肉にも白髪染めをするお客様がいて、美容業界は成り立っています。大げさかな? 施術する前に頭皮を保護する。そして、極力カラー剤を頭皮に残さないアフターケア。 キャメルでは、施術前にはホホバオイル、きら水(テラヘルツ機能水)で保護。施術後はヘッドスパをおすすめしています。 炭酸を使用して、頭皮に残っているかもしれない薬剤を除去し、血行促進、保湿をして帰って頂く。   最近、仕事をしていても、家庭にいても、良心が大切だと思っています。 良心には想像力が必要で、想像力を働かせるには知識や知恵、鍛錬が必要。 良心があるからこそ、人間関係は成り立ち、仕事ができる。 良心のないビジネスに、明日はないと思う。 自戒の念を込めて。     求人や質問、その他の問い合わせはお気軽に!! ↓  ↓  ↓  ↓  ↓                

つづきを読む