【人体の不思議】頭のつむじ

元住吉・武蔵小杉の美容室、キャメルヘアーデザインの溝田です。

美容師をしていると、当然ですがお客様の頭のつむじを見ます。

つむじは、漢字で【旋毛】。渦を巻いている毛ということです。

人によってつむじの位置は違います。ちょうどセンターラインの延長にある人もいれば外れた所にある人もいる。

旋回の強さも、人それぞれ。

元住吉・武蔵小杉 美容院・ 美容室キャメルヘアーデザイン Camel hairdesign ヘッドスパ エイジング
急遽、お客様のつむじを撮影!! 許可済み

大半の方は1個ですが、2個の人もいる。3個は見たことないなぁ、さすがに。

つむじによって全体の毛流が決まり、後は箇所によって毛流があったりします。

つむじの位置や強さでバランスの取り方が変わってくるので、美容師は意識して見ていると思う。

また、つむじの毛が細く、クセになっている人がいます。

年齢だけではないけど、年配の人に多いかな。

くしゃくしゃして、まとまりづらいこともありますよね。薬剤の選定、塗布にも気を配る必要がある。

そもそも、つむじって何であるんだ?

つむじは、お腹の中にいる赤ちゃんが皮膚を形成していく段階で出来ていくらしい。

胎児は、基本的には頭のてっぺんからお尻に向かって髪が真っ直ぐに伸びようとしている。

しかし、皮膚の成長は身体の軸(体幹)を中心にゆっくり回転しながら形成されていく。

そのために、頭のてっぺんから渦が出来てしまうのが、つむじになる。

お客様を見ている限り、大半の方が時計回りの右巻きです。

ただ、データによると日本人の3割が左巻きで、世界の中では多い方らしいですが。

それで、何でクセが出やすくダメージしやすいのか?

つむじ周辺は、血液が行き渡りにくい部分になります。

心臓より一番高い部分で、血液を押し上げるのにエネルギーがいります。

年齢と共に全体に頭皮は下がってきて、頭頂部の皮膚は引っ張られ毛根はかなりの負担になっていることが考えられる。

また、渦を巻いていることからも、毛幹は真っ直ぐには伸びていないでしょうね。

ヘッドスパをオススメします

定期的に施術されているお客様は、髪と頭皮がかなり改善されてきています。

特にグレイカラーをしている方は、ヘッドスパを毎回した方がいいでしょうね。

グレイのアルカリカラーの場合、頭皮に直接塗布するケースが多いと思います。

薬剤にもよりますが、頭皮にはかなり負担になります。

ダメージを軽減するためには、カラー塗布前にホホバオイルを頭皮に塗ることも必要でしょう。

Camelで使用しているヘッドスパは、COTA(コタ)というメーカーです。

詳しくはこちら→ http://camel-hairdesign.jp/freepage/7820

頭皮の負担を軽減することと、頭皮に残ったカラー剤を除去すること。

通常のシャンプーだけでは除去しきれません。

定期的に頭皮のケアをしていくことで、髪と頭皮の質が改善されることを実感しました。

お客様の反響がとても良いです。

元住吉・武蔵小杉 美容院・ 美容室キャメルヘアーデザイン Camel hairdesign ヘッドスパ コタ エヴァーリーフ
私です(笑)

もちろん、美容室に行った時だけではなく日頃のヘアケアも大切です。

美容室でも自宅でも、どんな商品を使用して、どういうケア(施術)をするかがとても重要なんです。

情報に振り回されることなく確かなケアをするには、髪や肌を含めて身体の仕組みを勉強することが先決だと思う。

 

求人や質問、その他の問い合わせはお気軽に!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

友だち追加