禁煙して半年

元住吉・武蔵小杉の美容室、キャメルヘアーデザインの溝田です。

禁煙してから半年が経ちました。

10代から吸っているので、もう30年弱でしょうか。

昨年3月に娘が生まれて、タバコを辞める予定ではいたんですけど、

なんか、ズルズルと吸い続けてしまいました。。。

禁煙したのは、体調が悪くなったからです。ちょっと無理をしていたので。

でも、しばらく吸いたくて仕方がありませんでした。今でも本音を言えば、吸いたい(笑)。

せっかく禁煙を続けてきたし、店では吸いたくないなぁ。

やっぱり、自分の衣服も含めて臭いは残るし、お客様にはわかるでしょ?

元住吉・武蔵小杉のの美容室・美容院キャメルヘアーデザイン 親子・子育て・赤ちゃん

でも一番吸いたくない理由は、衣服に付着したニコチンが子供に悪影響であることかな。

副流煙だけではないですよね、タバコの害は。

だからって喫煙者を非難するつもりはないし、禁煙を威張るつもりも毛頭ない。

散々吸ってきたのに、「臭い」とか「身体に悪い」なんて今更言えない(笑)。

まぁ、せっかくなので禁煙もある意味楽しんでやってみよう。

禁煙してみて

タバコが身体に悪いなんて、だれでも知っている周知の事実。

でもおいしいですよね、食後の喫煙、コーヒーとタバコ。

ストレスを抱えるようだったら、禁煙も禁酒も逆に身体に良くないように思う。

お客様でも、生活習慣に過敏に気を付け過ぎて、健康を害している方いるから。

ストレスは、人間を病気に、または老化させる活性酸素をたくさん作ってしまいます。

気分転換のために、必要な側面もあるかもしれないですよね。

私が禁煙して良かったこと。

一つは、朝の寝起きが良くなったこと。

これは、禁煙をはじめて割とすぐに実感したことです。夜更しをしなければ、スッキリと起きる。

二つ目は、肌のツヤでしょう。

タバコは、ビタミンCを壊します。ビタミンCは、肌を作っているコラーゲンの生成を助けている重要な栄養分。

喫煙者は、ちょっと顔が老けて見える傾向にあります。女性の方は特に良くわかりますよね。

まだ半年ですので、劇的に変化したと言うわけではないと思います。

喫煙期間を考えると、1年後に健康状態がより良くなっていくでしょう、きっと。

好転反応として、腸内環境が変化している感じです。

ガスが溜まりやすくなってるんですよね〜。

喫煙していると、血流が悪くなるので腸内細菌の働きも衰えます。

細菌にも悪玉から善玉、日和見などに大きく分けられ、たくさんの種類が腸に住み着いています。
(100兆個以上とも言われる)

禁煙をすることによって、腸内フローラのバランスが良くなっているのではないかと。

私は、もともと便秘気味ですけど、禁煙以降は改善されています。

禁煙だけではないですけどね。食生活とストレスもあるでしょう。

腸内環境が良くなることによって睡眠の質が上がるはずなので、疲労回復も早くなると思う。

 

まだまだ頑張らないといけませんからね〜

 

求人や質問、その他の問い合わせはお気軽に!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

友だち追加